広報 德田けいご

S N Sを通じて、
皆様の遊び心溢れるマイホームづくりの力になれたら。

名前:德田けいご
担当:広報(SNS更新)
主な仕事:
エステート工房の魅力を伝えるSNSの発信を担当しています。お客様にも役立つ情報となるよう工夫して発信していますので、ぜひご覧ください。(Instagram

この仕事(業界)に入ったきっかけは?

自分が元々インスタグラムをやっていて、少しでも親孝行というか手伝うことができるならという感じで、手伝いがてら、インスタグラムで発信活動を始めたことがきっかけです。

建築業界ではアナログな所が多い反面、発信という面では自分が力になれるかなと思ったんです。建築業界ではそういうツールを使って発信していくのは特に珍しいし、面白みを感じられるんじゃないかって。

それこそ、TikTok等の既存のツールで発信していくこと自体珍しいし、目に止まりやすいんじゃないかって思います。そう考えると活用しないと勿体無いですよね。まだまだ模索中ではありますが、もっと知ってもらえるために、TikTokでも発信していこうと思っています。

発信をしていくことで反応はどうなっていく?
結果はどういう予測になる?

新たな切り口で流れてこないところから情報を流すので、単純に見てくれる人は増えるのかなって思いますね。見てくれる人も増えれば、興味を持ってもらえる人も少なからず出てくると思うんです。

そうすると自分ももっと試行錯誤して、広めていきたいという思いが強くなるから、頑張らなくちゃと思います。だからこそ、やってないのはもったいないよねってことですね。

実際に携わってみて思ったことは、知らないことや専門用語が多いんだなと感じました。だからこそ、用語1つとっても、見た人がわかりやすいように言い換えたり、別に解説ページを作るとか、そういった工夫はしています。

わかりやすくする工夫

とにかくわからないことだらけなことですね。読んでいても、専門用語とかが分からなくて、突っかかることがかなり多いんですよ。自分自身も読んでいて分からない専門用語につまづいて、読む気が失せたことがあります。1つ2つなら調べるけど、4つとかそれ以上になると、もういいやって今でも投げ出したくなりますね。特に素材とかって本当にわからないし、興味も湧きにくいじゃないですか。

でも、その経験をしたからこそ、わかりやすく言い換えようと試行錯誤してみたり、解説ページを作ったりするようになりました。今でも、専門用語は難しいから入れるべきか、簡単にしすぎても伝えたいことは伝えられるか、などで悩むことはたくさんありますけどね。

自分が読んでいて突っかかる部分は、噛み砕いて説明して投稿する、もしくは、別の投稿で解説を作るようにして、できるだけわかりやすい投稿を作ることが工夫している点ですかね。実際に自分が使うような言葉に噛み砕いて、誰が読んでも伝わる投稿を目指しています。

初心者ならではの視点を大切にして、日々発信していくことを心がけています。

やりがいは、お客様の反応

お客様に「インスタグラム見ましたよ」、「あの投稿がわかりやすかったです」と声をいただいた時が1番嬉しいです。やっていてよかった、無駄じゃなかったと思えます。

遊びゴコロとは、楽しみを自分から見つけに行くこと

遊び心とは、自分から探しにいって、楽しみを自分で作り上げていくことです。

楽しいっていうイメージが新たに沸くような環境自体が、遊び心を生み出す上で必要だと思うんです。自分で探しに行きたくなるような。

だから、遊び心を探求していける、環境の提案だったり擬似体験ができるモデルハウスの展開ができたらいいなって思いますね。

そのためにできることは、SNSもそうですし、フットワークが軽いことも活かしたいです。

呼ばれたら行くっていうのもそうですけど、割と好奇心は旺盛な方なので、楽しいものや気になるものに対しては、時間や手間を厭わないですね。気になったことはやってみないと気が済まないんですよ。

1回試してみないとって思いますね。その点では、行動力として右に出るものはいないのかなって。今でも色々なことにチャレンジして行きたいと思っています。

インスタグラムを見て、決めたというお客様がいたら最高です

自分がこの場所で過ごしているのが目に写るかのように、イメージしてもらえる空間を作っていくので、イメージを鮮明に見ていって欲しいです。

このまま住み続けてもいいなって思える空間を提供します。あと、私の役割としては、インスタを見たから、うちに決めたって言ってもらえるような投稿を作り上げたいです。

エステート工房のインスタグラムはこちら!